肥満でペニスが小さくなる!?都市伝説に迫る。

ペニス,肥満,ED,短小

太るとペニスが小さくなるのは本当か!?調査してみた

「手が大きい人は、あそこもデカイ」
「鼻が大きい人は、あそこもデカイ」
「唇が厚い人は、あそこがデカイ」
そんな風に嘘かホントか分からないけど、外見からペニスのサイズを憶測する説があります。

その中のひとつに「デブはペニスが小さい」というものがあります。

調べていくうちに分かったことですが、太りすぎるとペニスが小さくなるだけでなく、勃起もしなくなるかもしれないということ

年齢と共にメタボになる男性は多く、40代の50%はメタボかその予備軍とも言われています。

皆さんも 決して他人事ではありません!

 

太るとペニスが小さいは本当だった・・・

まず確認しておきたい事実があります。

それは太るとペニスは小さくなってしまうということ。
ポッコリお腹が気になる方にはショックな内容ですが、原因は脂肪に埋もれてしまうからです。

実は「太っている人はペニスが小さい」は間違いで「太るとペニスが小さくなる」が正しかったのです。

なぜ、太るほどペニスのサイズが小さくなってしまうんでしょう?

 

肥満体型のペニスが小さくなる理由

なぜ、太るとペニスが小さくなってしまうのかをご説明します。

ペニスは外に露出している部分と、内側に埋もれている部分の二つがあり、下腹部の脂肪が前に出ることでさらに埋もれてしまうからなんです。

ペニスの構造上、痩せている人でも2cm~5cmは埋もれているとされ、太ってしまうとさらに埋もれる部分が多くなるんです。

つまり、ペニスの露出部分が少なくなり、ペニスが小さく見えるということ。
人によっては、亀頭だけが露出しているミクロペニスのような状態になることも…。

 

ペニスの血流不足

太ってしまった人のペニスが小さい理由として、血流不良によるペニスの退化が考えられます。

ペニスのサイズを維持・成長させるためには、朝勃ちを含む毎日の勃起の繰り返しが重要

年齢を重ねて体質が変わったり、メタボが進んでしまうと、血流が悪くなり勃起もしなくなってしまいます。
血流が悪くなると成長ホルモンや栄養素などが巡らなくなり、ペニスの退化につながってしまうんです。

慢性的な血流障害が続くと、EDの原因にもなり、バイアグラなどの薬が手離せない生活にもなってしまうのでサイズダウンも不可避です。

血流不良は末端から進行していきますから、ペニスは最も影響を受けやすい部位といえます。

 

肥満の短小ペニス解決方法

肥満が進むとペニスが埋もれて小さくなり、血流不良により体内からも退化が進んでしまう という悲惨な調査結果でした。

そうならないためには普段から何をすればよいのか?
ポッコリお腹で、自分のペニスが小さくなったと感じている人がこれから何をすればよいのか?
予防と解決方法をご紹介します。

 

肥満がペニスを小さくしている場合

まずダイエットです。痩せましょう。
太った分痩せればペニスは元に戻ります。
健康的に痩せれば、勃起力も上がって男の自信も手に入ります。

私のオススメ体型維持方法をお教えします。

それは「スクワット」です。特に時間を決めてやっていませんが、一日に何回か分けながら50回を続けています。
そのおかげか、特に食べるものに気をつけていない生活ですが 年齢相応の体重と体型を維持できています。

スクワットは下半身では?と思いますよね。
やってみるとわかるんですが、これが結構お腹にもくるんですよ!

 

血流不足がペニスを小さくしている場合

肥満が進んで血流不良になった場合は、当然痩せて体型を戻すことが先決です。
と同時に、血流不良の原因である体内からも変えていく必要があります。

体内の血液のめぐりを活性化し、ペニスを内側から広げていきましょう。

そのために手軽で有効なのはサプリメントです。

つまり栄養を整えたいわけなんですが、普段の食事だけでは難しいんですよね。
ましてやペニスに良い 亜鉛やアルギニンは、普段の食事だけでは摂取しづらく絶対に不足してしまう。
だから、血液のめぐりを良くしたり、ペニスに良い成分を凝縮したサプリが非常に役に立つんです。

AV男優もサプリで精力増強・サイズ維持をしているといいますから、これは筋トレと同等の重要さを秘めています。

 

まとめ

女性から嫌われないようにするには太らないというのが鉄則ですよね。
太るとペニスは小さくなって勃起もしにくくなり と、良いことは何もありません。

筋トレ・ダイエットで生活習慣を変えていくのがオススメです。

お手軽に肥満やペニスの悩みを改善する方法として、日頃からサプリを飲むのも有効です。
私が実際に愛用しているコスパ最高のおすすめサプリを載せていますので、是非お試しください!

 

あわせて読みたい